ウィッグを柔軟剤で手入れする方法とは?

柔軟剤を使ったウィッグの手入れ方法とは?

 

ウィッグって外で使うと、
ボサボサになったり、
ホコリがついてガサガサになったりします。

 

特にお気に入りのウィッグだと、
すっごく落ち込むときがありますよね…

 

そんなときに一番効果がある
手入れ方法は、やっぱり柔軟剤を使用することです。

 

柔軟剤を手入れで使用することによって、
ウィッグは見違えるようにサラサラヘアに戻ります。

 

特に絡みが解消され、
手ぐしが通るウィッグとなります。

 

そこで私が長年試行錯誤した、
ウィッグの柔軟剤を使用した
手入れ方法をご紹介します。

 

柔軟剤を使用したウィッグの手入れ方法

 

ウィッグの状態

 

汚れとほこりがついて、
ボサボサの状態になったウィッグがあります。

 

その場合、以下の対応が必要です。

 

1.シャンプーをする
2.ウィッグに柔軟剤を浸す
3.アイロンでウィッグを元に戻す

 

以上の手入れが必要です。
そのため詳しい情報をお伝えします。

 

シャンプーする

 

ウィッグを手ぐしや、
目の洗いブラシでほぐします。

 

その後、鍋か洗面器を用意します。
そこに液体のシャンプーを入れます。

 

固形よりも液体、
特にシリコンのシャンプーがおすすめです。

 

ぬるま湯を用意し、
シャンプーを入れます。

 

その後、そのぬるま湯に
シャンプーを入れ
ゆっくりと揉み洗いを実施します。

 

もしお時間が無かったら、
つけておくだけでも汚れは浮き上がってきますので
つけておくだけでも効果的です。

 

その後ウィッグを取り出し、
水で洗います。

 

柔軟剤による手入れ

 

その後、洗面器や鍋に水、または
ぬるま湯を入れ、柔軟剤を入れます。

 

柔軟剤を入れたら、
30分ほど放置してください。

 

するとウィッグが沈んできますので
その後ウィッグを鍋や洗面器から引き上げます。

 

ウィッグの表面についた柔軟剤を水で洗い、
タオルでくるみます。

 

手入れのコツですが、
タオルで包み込んで
トントンと軽く叩きます。

 

以上が柔軟剤によるウィッグの手入れ方法です。