ウィッグの手入れ方法とは?

ウィッグの手入れ方法とは?

 

ウィッグの手入れ方法ってどんなことをやれば良いのでしょうk?

 

結構悩まれている方いらっしゃいますよね。
特にロングウィッグを使っている方は、
髪の毛が絡まるのが、一番辛いですよね。
どうやって手入れをすれば良いのだろう…って(笑)

 

私もウィッグの手入れ方法については、
非常に悩んでいました。
出かけるときはウィッグを付けてるんるんなんですが、
帰ってきたときは外の風などで、
髪の毛が絡まってしょうがなかったです。

 

結構落ち込むんですよね_| ̄|○

 

そこで私が調べて、実践した
ウィッグの手入れ方法を
ご教授します。

 

普段のウィッグの手入れ方法

 

普段は、ウィッグの専用のブラシでと
ウィッグ用静電気防止スプレーを使用します。

 

そしてウィッグを付ける前と、
付けた後で軽くブラッシングします。
コツは、毛先からかけます。

 

奥からかけるとウィッグを傷つけやすいので、
絶対に毛先からブラシをかけてください。

 

お手入れはルールを守らないと、
ウィッグが傷むので、
毛先からブラッシングは要注意です。

 

私は奥からブラッシングをしたため、
凄いことになってしまいました(涙)

 

ウィッグが汚れた場合の手入れ方法

 

やはりウィッグは着ければ着けるほど、
汚れが目立ってきます。

 

その場合の手入れ方法は、
専用シャンプーやリンスで洗うのがおすすめです。

 

ちなみに市販のシャンプーやリンスで
洗うのは?とも聞かれますが、
市販のものでも大丈夫です。

 

私は専用と市販のもの、
両方使ってみましたが、特に差を感じることは無かったですね。

 

洗ったあとは、
水ですすいでタオルで包んで軽く
水分を拭き取ります。

 

その他のウィッグのお手入れ

 

ウィッグの手入れとして、
洗う、ブラッシング以外では、
ウィッグスタンドにかけるというのもあります。

 

ウィッグスタンドは、
ウィッグの手入れを
簡単にしてくれるものです。

 

あると重宝します。

 

ウィッグの手入れとして、
シャンプー、リンスをかけたあとや
ブラッシングをするときに
すっごく役立ってくれます。

 

 

…とは言え、ウィッグのスタンドまでは
買えないよって方も多いですよね。

 

そんなときは、ペットボトル(2L)でも
使えますよ!

 

私はお金が無いときは、
ペットボトルを使っていましたよ♪

 

 

最後に

 

ウィッグの手入れ方法について、
記載させていただきましたが、
いかがでしたか?

 

ウィッグの手入れは、
悩むところですが、
重要です。

 

服などと同じで、
一度ウィッグがダメになったら、
いくら手入れをしても元に戻らなくなったりします。

 

そのため、できる限り普段から
ウィッグの手入れをするのをおすすめします。